Go for it!~4人日和~

日々の記録と時々DWE英語育児。

親参加の旗振り当番をして思ったこと。

2021年6月15日(火)

こんにちは、マヨです。

今日は自分の定期受診で半休をもらい、早々に受診を終えたのでブログ更新です。

持病についてはまたの機会に書くとして…

今日は学校の登校班ごとに割り振られている「旗振り当番」について。

私の住む地域では、学校によってPTAが当番で旗振り当番をしている学校と、シルバー人材センターに委託して旗振り当番を完全委託している場所があります。

うちの息子が通っているのは前者。

1ヶ月いかないペースくらいで1度、当番が回ってきます。

旗振り時間は登校時間に合わせて7:30~8:00。

私が会社の始業時間に合うよう家を出なくてはならないのが7:30。

在宅ワークメインの旦那にお願いしようとも考えましたが、

下の子の保育園の送りと朝ご飯後の皿洗いを負担してもらった方が助かるため、

私が当番を担当することとなりました。

会社には旗振り当番の制度がわかった時点で、

数日前に当番が回ってくるのがわかることを伝え、

出社時間を30分遅らせることで打診しておりました。

業務内容によっては遅刻ができないため、同じ当番のママさん達に難しいときは順番を変わって欲しいとお願いしております。

そして先日。

その当番がやってきました。

正直、面倒だなと思っていた当番。

小さなお子さんを抱っこしながら参加されている方もいます。

有志となると人数もそう集まらないだろうことが容易に想像できますし、やむなし…と半ば諦めた心境もあったように思います。

そしていざやってみると…

普段は目にすることのない集団登校の様子を眺めながら、自分の子がその列に並んで歩く様子が視界に入りました。

こちらが手を振っても振り返さず、若干うつむく様子に恥ずかしいという気持ちが伝わり、成長を感じました。

子どもが家庭を離れた場でどんな風に過ごしているのか、

保育園時代も含めなかなか目にすることはないよなぁと登校姿を見送りながら思いました。

そして集団登校する期間で旗振りする機会を考えるとそう多くはないよなと。

私自身両親が共働きで、親参加の行事に毎回親が来るという経験がなく、

わかっていながらもどこか寂しく思っていた場面もあったなぁと思い出しました。

私が小学生の頃は働いているとPTA活動も免除されることが多かったというのが現状ですが。

先日は非常時のお迎えの訓練があり、在宅の旦那にお願いする形でしたが、

共働きでも積極的に親が参加できるものには出てもいいのかもと今は思っています。

環境やタイミングにより難しいときはあるかもしれませんが…

親が成長を見届けられる時間。

周りの目を気にせず、ママーと走り寄る時期。

そんな月齢をとうに過ぎたんだなぁと思いながら、煩わしいと思っていた当番に少し教えてもらえたように思いました。

さて、午後から仕事。

気持ちよさそうに寝ている猫達が羨ましい…

f:id:mayoblue:20210615130405j:plain

今日は在宅で、長男は学童なしの直帰です。

ぼちぼちいきましょ~

本日もお付き合い頂きありがとうございました。